生命保険を“カンタン”に解説いたします。

生命保険をカンタンに解説いたします!
万が一に備えるための生命保険の基本は【保障】です。自分の保険は自分で考えることが大切です。それ以外にも、老後や学費の為の【貯蓄】の機能を持った生命保険もあります。

保障というものは、何かあった時に保険金などで保障するもの(保障機能)。貯蓄は、老後や子供の教育費などのために必要な費用を準備するための機能(貯蓄機能)。また、保障に関しては万が一に備える「死亡保障」と病気やケガに備える「医療保障」の違いが解ると良いと思います。

保障機能1“死亡保障”について
死亡保険は万が一の場合に残されたご家族が安心して暮らしていけるためのお金を用意するのが死亡保険の役割です。
続きを読む
保障機能2“医療保障”について
医療保険とは、お客さまが病気やケガで入院された場合や、入院中に手術を受けられた場合などに、給付金をお支払いする保険です。
続きを読む
保障機能3“貯蓄機能”について
貯蓄機能を目的とした商品です。お子様の為の教育資金などに活用できます。
続きを読む

ズバリ!各種保険のポイントを説明します。

死亡保険について
・家族にお金を残すにはどの保険がよいの?
・その他の死亡保険
・さまざまな死亡保険
詳細はこちら
医療保険について
・保障を考えると定額で一生涯の医療保険!
・医療全般をカバーする保険です。
・さまざまな医療保険
詳細はこちら
がん保険について
・「がん」って
・「がん」で入院をするといくらかかるのでしょうか?
・「がん」による入院日数は年々短くなってきています
詳細はこちら
女性保険について
・女性特有の病気の総患者数
・特化型の医療保険です。
詳細はこちら
学資(こども)保険について
・学資(こども)保険は、貯蓄性の高さが大きな特徴です。
・人生設計と共にお考え下さい。
詳細はこちら

TOPへ