保障機能①“死亡保障”について

ポイント解説

死亡保険は、被保険者が亡くなるか、所定の高度障害状態になったときに支払われる生命保険です。

死亡保険は万が一の場合に残されたご家族が安心して暮らしていけるためのお金を用意するのが死亡保険の主な目的になります。

世帯主に万が一のことがあると、入ってくるお金が減るので収支のバランスが崩れてしまいます。世帯の収支のバランスを補うための死亡保険は生命保険の中でも特に大切なものです。

死亡保障に関するポイント解説

Point①「定期型」と「終身型」

生命保険には、保障期間というものがあります。大きく「終身型」と「定期型」の2つに分類できます。終身型は保障期間が一生涯、定期型は一定期間の契約です。保障内容などは同じでも、保険料に大きな違いが出てくるので注意が必要です。

終身型の保険商品は大きな死亡保障を用意するのには向いていません。それは、死亡保障は必ず受け取ることを前提としているため、定期型に比べて保険料が高く設定されているからです。

一方、定期型の死亡保障は、数千万円など大きな保障を少ない保険料で用意できる「保障機能」に優れています。保障機能とは、死亡や高度障害となる不安を、保険金という形で保障することです。

  終身型 定期型
 
特徴 加入時の保険料が一生涯変わらない 更新のたびに、更新時の年齢で保険料が再計算される。 (一般に、年齢が上がるほど保険料は高くなります)
保険料
支払額
高い 若いときは終身型よりは安い

※条件によって保険料支払額の比較に違いが生じる場合があります。詳しくは募集代理店などにお問い合わせください。

Point②「掛け捨て型」と「積み立て型」

「掛け捨て型」と「積み立て型」の、ポイントは非常に簡単です。

もしも何かしらの理由があり保険を解約した際に、お金(解約払戻金)があるものがあります。解約した際に、お金が戻ってこない商品が「掛け捨て型」、ある程度のお金が戻ってくる商品を「積み立て型」になります。その代わりに、保険料に違いがあります。当然「積み立て型」の商品は保険料が高く、「掛け捨て型」の商品の保険料が安くなります。ただし、各保険会社によって違いがありますので、詳しくは募集代理店などにお問い合わせください。

人それぞれのライフスタイルによって、生活資金は変動いたします。どちらの商品が良いか悪いかは一概には決められません。

保険は、あくまでも「万が一」のときのリスクを軽減するための「保障」です。保険料が負担となり、日常生活に支障をきたしては意味がありません。全てにおいてバランスが必要と考えます。

Point③「保障額」(必要保障額=欲しいお金)

同じ年齢、同じ家族構成でも、保障額は違います。
生活環境によって必要保障額は違います。しかし、保障額を考える際にはついつい他人と同じ、もしくは少し多めに設定したいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。無理に大きな保障額にすることで、日常生活に支障をきたしては意味がありません。

注意

主婦にも死亡保険は必要?
もし、小さいお子様がいる場合には考えることは大切だと思います。なぜなら、育児の為にご主人の仕事量を減らしたり、仕事量を減らさない為の教育費や養育費が想定されるからです。

Point④必要保障額の変更(定期的)

必要保障額の変更(定期的)
ライフサイクルは、「就職」→「結婚」→「出産」→「子育て」→「老後」といろいろと変化をいたします。当然、万が一の時に必要になる金額も変わってきます。ライフイベントの変化を目処として保険を見直すことが、保険料を少なくする方法の一つです。

TOPへ