保険の考え方

自分の保険は自分で考えることが大切です。
良い保険というのは、ひとりひとり違うものなのです。

保険のイメージ

保険のイメージをどのように捉えていますでしょうか?
保険会社のイメージをどのように捉えていますでしょうか?

みなさまには、既に何かしらの保険に入っていると思います。人それぞれ想いは違うと思いますが、【安心】を考えていることには間違いはないですよね。

おかげさまで仲亀は創業36年になります。その経験と体験の中には、保険に対してあまり良くないイメージを持たれている方もいらっしゃいました。保険業界は、この10年程で日本に様々な外資系保険会社の本格参入もあり、「保険の説明方法」や「保険に対する考え方」も論理的で分かりやすい方向に変化しております。

最近の保険

最近はさらに大きな変化がおきております。従来の保険販売手段に、インターネットによる保険販売が追加されました。アピールポイントは【保険料が安い】ということです。インターネットの強みを活かし、すべてWEBとコールセンターで対応するため保険会社の営業職員体制をやめることができ、人件費を従来の企業よりも少なくすることができます。「同じ保障内容の保険なら人件費のかからないWEBが安い可能性が高い」ということです。

WEB販売でよいのか?

私どもは、「WEB販売でよいのか?」と考えてしまいます。保険の基本は単純ですが、非常に奥が深い商品だと思います。

  • 真剣に保険の勉強をする!(全て自己責任)
  • しっかり人生のプランを考えられ、実行に移せている!
  • 正しい情報を取得する力がある!

上記の3項目をクリアしている人ならば、WEB販売での保険購入に関して向いているかもしれません。しかし、これはなかなか難しいことだと思います。

仲亀36年の歴史のなかでは、「万が一の不安」の為に保険に入る方が殆どです。実際に、万が一のことが起きた時には、冷静でいることが出来ない方がおられます。不安でたまらない状況の中で、真摯に対応することこそが生命保険募集人の本当の仕事だと思います。本当にその状況で、契約者の方が保険に関する各種のやりとりが可能なのでしょうか?

保険のアドバイザー

みなさまにとって重要なのは、正しく適切な情報をもった保険のプロフェッショナルと知り合うことだと考えます。保険は自分自身で考えることが大切です。必ずしも他人と比較したり、世間一般並にすることなど必須ではありません。ただし、一人では考えることは難しいと思います。それは、情報量がとてつもなく多いからです。

そこで、みなさま専属の保険アドバイザーをもつことがよいと思います。当然、保険に関してはプロフェッショナルでないといけません。みなさまのライフスタイルをもとに、そのアドバイザーと一緒に保険を考え、作り上げることが、CMや流行に惑わされない保険の加入方法だと考えます。

専属アドバイザーは、一時ではなく一生お付き合いの出来る人が条件ですね。

※株式会社仲亀は「人がイキイキと生活するための手段」が保険と考えて、スタッフ全員が行動をしております。

TOPへ