女性保険について

ポイント解説

女性特有の病気の主なものは、「乳がん」「子宮頸がん・子宮体がん」「甲状腺炎」などです。厚生労働省による2011年の患者調査では、この3つの患者数計で約391,000人という調査結果がでております。

女性特有の病気の現状

【主な女性特有の病気の総患者数】

乳がん (乳房の悪性新生物) 144,000人
子宮がん 55,000人
子宮頚(部)の悪性新生物 25,000人
子宮体(部)の悪性新生物 24,000人
子宮の部位不明の悪性新生物 6,000人
甲状腺障害 192,000人
甲状腺中毒症 133,000人
甲状腺炎 59,000人

※2011年厚生労働省 患者調査より

【女性特有の病気の平均入院日数】

乳がん
(乳房の悪性新生物)  
11.8日
子宮頸がん
(子宮頚(部)の悪性新生物)
17.8日
子宮体がん
(子宮頚(部)の悪性新生物)
12.2日
卵巣がん
(卵巣の悪性新生物)
11.3日
甲状腺炎 23.9日
子宮内膜症 8.1日

女性にとって、非常に気になる病気ではないでしょうか?
女性保険も医療保険の種類に入ります。商品によって対象になる病名も違いますので注意が必要です。

特化型の医療保険です。

万が一のことがあったとき受け取れるお金の比較

メールでのお問い合わせ

TOPへ