医療保険について

ポイント解説

医療保険は、被保険者が病気やケガで入院した際に支払われる生命保険です。
医療保険とは、お客さまが病気やケガで入院された場合や、入院中に手術を受けられた場合に、給付金をお支払いする保険です。
手術費用、入院費用などの費用を保険で対応いたします。病気やケガをした場合また入院した場合に安心して治療にあたっていただけます。また、最近はがん保険など病名に特化した商品も人気があります。

保障を考えると定額で一生涯の医療保険!

病気やケガでの入院する確率は、高齢になるほど増えてきます。また、高齢になるほど治療期間も長引く場合もあります。
よって、一生涯ずっと備える方が安心といえると思います。また、備える金額は何千万も必要はありません。下記の図の様に必要な「治療費」と「治療以外にかかる費用」を準備することです。

1ヶ月の治療費が100万円、所得区分が一般(標準報酬額月収53万円未満の場合)

万が一のことがあったとき受け取れるお金の比較

詳しくは「医療保障について」のページをご覧ください。

一生涯(終身タイプ)の特徴

  • 支払金額が一定額で一生涯の保障があります。
  • 病気やケガで給付金が支給されても保険料は増額されません。
  • 年齢があがっても保険料は一定のままです。
  • 若ければ若い方が金額が安い傾向にあります。
    ※各保険会社によって商品内容は違います。

医療全般をカバーする保険です。

まずは病気・ケガ全体を保障する保険に加入することをおすすめいたします。

ただし、三大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞)や、いまや死亡率がTOPになる悪性新生物である「がん」などの準備も気になるところです。

しかし、現在ではがんも通院だけで治療することもある時代でもあります。正しく、新しい情報を取得して冷静に考えることが重要です。

様々な医療保険

現在、もっとも保険の種類が多いといっても過言ではないでしょう。また、各保険会社の特徴が商品に反映される分野で、医療保険は、保険のプロフェッショナルに関しても知識や経験が反映される商品です。より良いアドバイザーをみつけ、検討してください。

メールでのお問い合わせ

TOPへ