学資(こども)保険について

学資(こども)保険は、貯蓄性の高さが大きな特徴です。

学資保険(こども保険)は、教育費を積み立てるために設計された、お子さまの教育資金を確保することを目的とした貯蓄性のある保険です。主に次のような特徴があります。

また、「死亡保障」「医療保障」と「貯蓄」をミックスした商品も多数あります。お子様に「万が一」のことを考えた商品です。しかし注意も必要です。一つは貯蓄性が低くなる場合があること、もう一つは保険料が高くなることです。
どちらにせよ、短期にて途中で解約する際は、解約払戻金は無いか有ってもごくわずかです。

人生設計と共にお考えください。

貯蓄性の高い学資保険(こども保険)は一般的に、17歳、18歳といった大学進学時、または20歳前後の成人時に満期を迎えるような期間で満期になる設定です。
10年以上、最大で20年近い長期の契約となりますから、将来的に家計の状況や経済状況の変化、第二子の誕生など、ライフスタイルの変化がある可能性もありますので、保険料を払い続けられるかどうかをしっかりと検討してください。

万が一のことがあったとき受け取れるお金の比較


メールでのお問い合わせ

TOPへ