死亡保険について

ポイント解説

死亡保険は、被保険者が亡くなるか、所定の高度障害状態になった時に支払われる生命保険です

家族にお金を残すには、どのような保険がよいの?

万が一のことがあった時に受け取れる保険金には大きな差があります。

万が一のことがあったとき受け取れるお金の比較

(公財)生命保険文化センター 「ほけんのキホン」より

定期保険の特徴

  • 一定の保険期間内に死亡した場合、死亡保険金を受け取れます。
  • 満期の保険金はありません。
  • 保険期間中、どの時点で死亡しても死亡保険金が同額のタイプが一般的です。
  • 死亡後、所定の期間にわたって年金として保険金を受け取れるタイプもあります。
  • 保険料が変わらずに年々保障がへっていく「逓減定期保険」などもあります。

その他の死亡保険

終身保険の特徴

  • 死亡した場合に死亡保険金を受け取れます。
  • 一生涯保障が続きます。
  • 保険料を一生涯払い込むもの(終身払い込みタイプ)と、一定年齢もしくは一定期間まで払い込むもの(有期払い込みタイプ)があります。

養老保険の特徴

  • 一定の保険期間内に死亡した場合、死亡保険金を受け取れます。
  • 満期時に生存している場合、満期保険金を受け取れます。
  • 死亡保険金と満期保険金は同額です。
  • 受け取る満期保険金が払い込んだ保険料の総額を下回ることもあります。

さまざまな死亡保険

死亡保険は、生命保険のなかでももっとも重要な保険のひとつです。各保険会社が、今までの経験や社会情勢に合わせて商品を開発しております。その数は、多数あります。新しいものが良いものだとは限りませんが、しっかりと商品のポイントは把握しなければなりません。もはやお客様が情報を集め考察するには難しくなってきております。保険のプロフェッショナルと一緒に考えることが、自分にあった保険に出会える近道です。

メールでのお問い合わせ

TOPへ