生命保険を見直す時期とは 保険料を見直す時期

ポイント解説

現在、多種多様な保険商品があります。いろいろな保険会社の特徴を活かすことにより、同じ保障でも保険料が違ってきます。

保障を見直しましょう

1995年の保険業法改正から一つの代理店でも複数の会社の商品を扱える様になりました。会社毎にある特徴等からあなたのニーズにあう商品を探してみましょう。

保険自由化の3つのポイント

保険分野の自由化
これまで、生命保険、損害保険などに分けられていたが、それぞれ子会社を設立することで別分野の商品を扱っていいことになり、分野ごとの垣根がなくなった
販売チャネルの自由化
銀行でも保険を募集できるようになり、住宅ローンとの兼ね合いで販売されていた信用生命保険や火災保険などのほか、一般の生命保険も販売されるようになった
商品と保険料の自由化
保険会社ごとに工夫を凝らした保険商品やサービスが出始めた。

各保険会社の商品により、「同じ保障でも保険料が違う」ということを、ぜひ覚えておきましょう。

保険のプロフェッショナルによる情報格差

現在は保険の自由化が進み、多種多様な保険商品が出来ております。よりよい商品を生み出すために様々な商品組み合わせがあります。最近はインターネットによる販売などありますが、一般の消費者では分かりにくいことも多々あります。信用の出来る保険プロフェッショナルに相談することが重要だと思います。

TOPへ