保険は家族ができたときがベスト?

結婚や出産といった家族が増えたときが、保険に入るベストなときでしょうか?
目的によってタイミングは違いますが、早い方がよいですね。

同じ保険内容であれば年齢の若い人の方が保険料は「安い」です

保険は加入しなくても生活が可能です。また、若い時は収入が少ないこともあり保険料を支払うという余力が無いことも事実です。しかし、結婚をされていたり、お子様が生まれてファミリーとなっている場合では、一歳でも若いうちに加入することがおすすめです。理由は、保険料は契約時の年齢で計算されているので、同じ保障内容でも契約年齢が若いほど、保険料は安いからです。
また、終身型の医療保険などは、一生保険料が変わらないことを考えると、早く加入しておくことのメリットは大きいと思います。

家族が増えたら、死亡保険の必要度が高くなります。

扶養家族がいない独身のうちは、死亡保険の必要性はあまりないかもしれません。最低限の葬儀費が賄えられれば問題ないでしょう。しかし、扶養家族がいる方は全く別であります。結婚をしてより良きパートナーができ、出産を迎え家族が増える。もしもの時に家族が安心して生活できるためにも死亡保険は必要だといえるでしょう。大きなライフスタイルの変更時には見直すことをご提案いたします。

誕生日の近い人は注意です。

一般的に生命保険は保障内容は同じでも、年齢が上がると保険料が高くなります。よって、保険に加入すると考えている人は誕生日より前に手続きをすることをおすすめいたします。毎月少しの金額でも、保険は長期にわたる商品なので大きな金額の違いになってしまいます。生年月日は保険料が変更になるタイミングを表示していますので、注意が必要です。保険に加入する際には、必ずご確認ください。

健康な時こそ、保険を考える

保険は病気の状態(健康では無いとき)では加入できない場合があります。商品によっては、簡単な告知だけでよいもの、医師の診断が必要なものと様々ですが、年齢を重ねる毎に、病気になったりけがをしやすくなる傾向がありますので、体調が悪くなったり、病気になってから保険に加入できなくなり後悔しないように、出来るだけ健康で若いうちに保険加入を考える事が望ましいです。

TOPへ