夫婦時代の保険

ご結婚をしたら、将来のライフプランの為に…まずは、家族と妊娠出産へのリスク対策を行いましょう。

Point①「万が一のときの生活資金」生活設計のなかで考える

これからの人生設計をしてみてください。およそ30代から40代にかけて様々な出費が考えられます。もしも一家の大黒柱であるご主人に万が一のことがあると、残された家族に不安が生じます。万が一の時に必要な金額が「いくらくらいなのか?」を考えておくことが大切です。

Point② 出産リスクを考えていますか? 出産は普通が奇跡なのです

近年は結婚する年齢がだんだんと高齢化してきております。それにともない初産の平均年齢や高齢出産の数もあがっている様子です。特に高齢出産にもなるとお医者様でも予測がつかないこともありますので、奥様の出産に対してのリスク対策が必要です。

ちなみに、帝王切開での出産の場合は健康保険の対象になります。当然、商品によって違いますが、生命保険の給付金対象にもなります。しかし、注意しないといけない事もあります。例えば妊娠27週までしか加入できないといった条件がある保険や加入できても部位不担保となる場合も多くなり、出産に向けての保険に加入したくても加入できないケースもありますので注意が必要です。

TOPへ