ファミリー(子育て)の保険

おおきく2つに備えましょう。「子どもの教育費」「のこされた家族のために!」

Point① 教育費にどのくらいの金額がかかるかご存じですか?

データからみる日本の教育(2008)幼稚園(4歳)から大学(学部)卒業までのケース別の平均教育費用(平成18年度)試算

※金額は、各学年ごとの平成18年度の平均額の単純合計です。
資料…「子どもの学習費調査報告書」、(独)日本学生支援機構「学生生活調査報告」ほか

幼稚園から大学まで国公立の場合でも一人あたり864万円の費用がかかります。また、小学校以外をすべて私立の学校に通うとなると金額は1635万円という結果もでております。思った以上に教育への出費をしていることになります。しかし、子供の成長とともに必要なお金であり、前もってわかることです。しっかりとした準備は必要です。

Point② 残された家族の為にいくら準備すればよいのか…

生命保険文化センターの試算による下記の例(Aさんの場合)では子供が独立するまでにかかるお金は約1億4,190万円です。1億というと年収の何倍にあたるのでしょうか?平成22年度の1世帯あたりの平均所得が547.5万円なので、およそ18年分に相当します。(平成22年版 厚生労働白書より)

しかし、遺族年金など入ってくる金額もあります。下記に記載の通り入ってくる金額は約9,740万円です。この差額の4,450万円は何かしらの形で準備しないといけないですね。当然、個々の家族の生活スタイルによって差はありますので、よく考えてみてください。

会社員Aさん(40歳)の場合

Aさんの状況 妻(38歳・専業主婦)・長女(10歳)・長男(8歳)/持家/生活費月額約30.8万円

万が一のとき家族に必要となるお金はどれくらい?

遺族の
生活費
長男(末子)の独立(妻52歳)まで 3,880万円 15年後の23歳で独立するとして、生活費月額30.8万円×0.7[※1]×12ヶ月×15年
長男(末子)の独立(妻53歳)以降 6,280万円 妻の1人暮らしが53歳~86歳(平均余命)までとして生活費月額30.8万円×0.5[※2]×12ヶ月×34年
長女の学費 1,100万円 高校まですべて国公立、
大学は私立の文科系に自宅から通った場合
長男の学費 1,160万円
結婚資金 200万円 親の援助額としての金額
住居の修繕費用 650万円 持ち家の修繕費用としての金額
葬儀費用 520万円 葬儀費用、お墓の費用としての金額
相続費用 100万円 不動産登記の変更などを専門家に依頼した場合
予備費用 300万円  

合計 1億4,190万円

※1:夫が亡くなった時の生活費は、現在の生活費の70%として計算しています。 
※2:妻1人の生活費は、現在の生活費の50%として計算しています。

万が一のとき「入ってくるお金」は?

公的保障 長女10~18歳
まで9年間
1,590万円 遺族基礎年金、遺族厚生年金 遺族厚生年金は、
夫が勤続17年、
平均月収30万円
などとして計算
長男17~18歳
まで2年間
310万円
妻49~64歳
まで16年間
1,770万円 遺族厚生年金
妻65~86歳
まで22年間
2,870万円 老齢基礎年金、遺族厚生年金
企業保障 400万円 死亡退職金や弔慰金など
自己資産 600万円 預貯金、有価証券、売却可能資産など
その他 2,200万円 妻の勤労収入(年間100万円×60歳になるまでの22年間)など

合計 9,740万円

出典…生命保険文化センター「ほけんのキホン」

TOPへ