100年先も愛される保険代理店をめざして

コンプライアンス方針

平成23年8月より、株式会社仲亀では、新たなコンプライアンス推進体制を構築しました。私たちが掲げる「コンプライアンス」は、狭い意味での「法令遵守」に止まらず、顧客を含む全てのステークホルダーから株式会社仲亀に求める全ての要請に応えたいと言う価値基準をベースとしています。私たちは、「内部統制の強化」「ステークホルダーからの信頼性の確保」「リスクマネジメント」を目的として、コンプライアンスを規定し、それを組織一丸となり遵守いたします。

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス委員会の設置

組織的なコンプライアンス体制の充実、徹底を図るため、また違反行為についての処置を的確に行う為に、コンプライアンス委員会を設置し、定期的に委員会を開催します。

趣旨

消費者保護や保険業法、当社に於ける社内ルールや、新たに施行される保険法など、社会的規範にいたる様々な尊守事項に対し、解釈の違いや誤解を招く行為により、近年、各部署に於いて多くのクレームが発生しております。昨年、保険業界に対する金融庁検査等を見ても、代理店としての存続も危ぶまれる事態へ繋がる事も危惧されます。【質の向上】を図り、【お客様に安心を差し上げる】高い企業理念に再度立ち返り、法令順守の徹底を図ることを目的とします。

コンプライアンス研修の実施

1年に1回、コンプライアンスオフィサー主催の「コンプライアンス勉強会」を実施しております。関係法令ならびに苦情のケーススタディー等を組織的に学習することにより、法令遵守のための知識・意識の徹底を図ります。

実施事項

① 事例報告書の回覧
② 個人情報チェックの定期的実施(各部署で四半期に1回ほか、年1〜2回 抜き打ち検査)
③ 定期的コンプライアンス勉強会(月次部門長会議後の部署内ミーティング時)
④ 報告義務(トラブル時に担当者に報告)
⑤ 総務ほか事務手続き時に発見された場合は、文章にて改善策を送付
⑥ 懲戒処分ほか基準表(21項目の懲戒処分対象行為)

その他

お問い合わせ

株式会社仲亀 コンプライアンス委員会

TOPへ